初めてのセックスで早漏になりたくない人へ

男性にとって、性の悩みというのは非常にデリケートかつ深いもので、特に短小、童貞、そして早漏というのはなってしまう人にとっては深刻な悩みになってしまうことも屡です。

そして、何より男性というのは性的な悩みに対して非常に自意識が高いものでそういった自分のことを知られたくないというような気持ちを持つことが強いです。

しかし、特に早漏というのは実は体質的なものだけではなくセックスの快感に慣れていないため、刺激が強くて射精するまで短くなってしまうということもあるんですね。

初めてのセックスの刺激があまりにも強すぎるというのは、実は童貞の男性にはよくあることなんです。

だから、初めてのセックスを好きな女性とするのにすぐに射精してしまったら恰好悪いという理由でどうにかしたいと思っているのならば、いっそ早漏防止の医薬品を使ってみるのもいいかもしれません。

リドカインという医薬品は、痒みや痛みを麻痺することでやわらげてくれるものなのですが、実はこの緩やかな感覚麻痺がペニスの効くと強すぎる性的快感に対しても効果がありすぐに射精しないようにしてくれるというわけなのです。

まず、セックスの前にペニスに適量を塗ります。
リドカインは、臭いもしない物なので塗っても特に相手にバレることはないかと思います。
ただ、この薬を塗ったまま生で挿入すると相手の性器まで快感を麻痺させてしまいますので必ずセックスのときはコンドームをするようにしましょう。

そして、この薬のいいところは何と言ってもある程度快感が鈍るだけなので、ちゃんと性的な快感そのものは感じるということなんです。
程よく刺激を緩めてくれますので、特に最初のうちに慣れなくてどうしても上手くしたいという場合はその一回きりだけ頼ってみてもいいかと思います。

やっぱり初セックスというのは大事な思い出になるものですからね。
どうしても、男性側からすると女性に恰好つけたいというかいい思い出になるようにしたいという風に思ってしまう物だと思います。
一度セックスを経験すれば、快感を徐々に慣らしていくこともできますし、それによって薬を使わなくても早漏改善をすることができる可能性も十分にありますので、最初の一回きりはという風に使うのは決して悪いことではないでしょう。