射精コントロールトレーニングで早漏治療

男性にとっては、早漏という体質は人に知られたくない物でありそうなっている自分が結構情けないというような風に思うことも多い物ですね。

しかし、こう言った早漏の症状というのは自分でもどうにかして治すことができる物なのです。
やり方自体はそれほど難しい物ではなく、自分一人でもやろうと思えばできる物なのでしっかり身につけてください。

ゴーストップで寸止め

射精コントロールのトレーニングというのが、すぐ射精してしまう症状の治療をするための自分でできるトレーニング方法なんです。
やり方はとても簡単で、通常のオナニーをするときと同様にまずは普通に手で扱いて快感を高め、射精しそうになるところまで持っていきます。

そして、射精しそうだなという感覚が来たら一度手を離して刺激するのをやめてください。

射精感を我慢して、おさまってきたらまた手で扱いて射精感が来るまで刺激して、射精しそうになったら止めるというようにいわゆる寸止めオナニーを繰り返すんですね。
こうすることで、射精を我慢する感覚を覚えて射精コントロールを身につけることができるのです。

ゴーストップは危なくないのか

実は、心配があるように寸止めオナニーはやりすぎると尿道が炎症してしまうことがあります。
しかし、それはあくまで寸止めをしてそこでやめてしまうからなるんです。

だから、トレーニングを繰り返した後は数回の後にしっかりと射精をするようにしましょう。
そうすれば、尿道炎になるようなことはないでしょうし、危険もありません。

また、この射精トレーニングによって今度は逆に遅漏になってしまうのではないかというような心配もあるでしょう。
しかし、これはあくまで射精をしそうになるのを我慢するコントロールであって、ペニスへの快感を鈍らせる物ではないのでその心配はありません。

この射精コントロールというトレーニングのいいところは、何と言っても何のお金もかからないところですね。
自分でオナニーをするときにできることですから、非常に簡単です。

ただ、体に慣れさせて行くというようなやり方になるので一朝一夕でその訓練が身につくわけではないという面もあります。
気長にじっくりと、そして毎日続けていくことで段々と体に染みついていく物なので継続することが大事です。